タイガース観戦記


2006年 甲子園



8月27日 阪神対巨人


阪神 先発  杉山  巨人 ジャン・チェンミン


これは阪神先発 杉山

試合は6回表、高橋由伸、ライトオーバー2ベースの後、パスボール

で、1アウト3塁で、イ、スンヨブがライト、タイムリーヒットで

G 1−0 T

6回裏、赤星レフト前ヒット、関本犠牲バントで1アウト2塁より

3番シーツがセンターへタイムリーヒット

G1−1T

その後7回両チーム無得点で8回表より守護神藤川球児登場

藤川は8回表はぴしゃりと、抑える、8回裏1アウト後、関本デッドボールと

シーツ2塁打で、1アウト2,3塁から、金本敬遠で、1アウトで濱中は

センターへのフライがぽとりと落ちてヒットになるも、3塁走者目測を誤り

3塁封殺も点が入り T2−1G、

2アウト1,2塁から鳥谷センター前ヒットで、T3−1G

なお、2アウト2,3塁で矢野ライトフライ

9回も藤川登場、小久保は抑えるものの、二岡にソロホームランを

浴びて、T3−2G

その後の後続は抑えて結局、3対2でタイガースが勝ちました。


試合終了後のヒーローインタビューで、藤川は「皆様も悔しい思いをして

いるでしょうけど、チームも悔しい思いを・・・。」と言って言葉につまり

そして藤川は泣いていました。そして最後に藤川は「僕達はファンの

皆様のために頑張っている事を忘れないで下さい。」と言うとスタジアム

は感動の渦に沸きました。いい試合見れて良かったです。

サムネイル画像


8月29日 阪神対中日

この試合は8回表終了、降雨コールドで9対2でタイガースが勝ちました。

阪神先発 井川  中日先発  中田


これは今はなき井川君です。

試合は1回裏2アウト、1,3塁から濱中レフト前タイムリーで

T1−0D

2回表、中日谷繁、タイムリー T1−1D

3回裏 1アウト満塁から、濱中ショートゴロで、T2−1D

さらに鳥谷四球後、矢野の時のワイルドピッチで、 T3−1D


さらに、4回の裏赤星出塁後、関本センターオーバータイムリー

2ベースで、T4−1D、なお1アウト1,3塁で金本ライトオーバー

タイムリー2ベースなお2,3塁で濱中ライト前タイムリーで

T6−1D

なおも攻撃は続き、鳥谷、タイムリー2塁打と、矢野の2ランホームラン

で、T9−1D

そこから先は覚えていません。


サムネイル画像


8月30日 阪神対中日

結局この試合は3対3の引き分けでした。

阪神 先発 下柳  中日 先発 朝倉



1回表、1アウト、1,2塁でウッズタイムリー  D1−0T

4回表 先頭ウッズが右中間2ベース、森野送りバントで、

1アウト3塁で、英智タイムリー  D2−0T

6回裏、2アウト1,2塁から濱中タイムリー、D2−1T

7回裏、1アウト後藤本の代打桧山ライト線2ベース、

下柳の代打、片岡センターフライ

しかし赤星四球で、出塁後関本ライト前タイムリーで

T2−2D ついに同点

8回裏、金本ライトオーバー3ベース、鳥谷四球で1アウト、1,3塁

そこで矢野がタイムリー、T3−2D ついにタイガース逆転。

しかし、9回表、藤川が中日、井上にまさかの同点

ホームランをあびる。結局12回終了まで試合は動かず

3対3の引き分けに終わった。


8月31日  阪神対中日

阪神先発  福原  中日 川上

1回裏、金本タイムリー T1−0D

2回表2アウト満塁で、荒木ライト前タイムリー、そして井端の

ファーストフライをシーツが捕り損ねて結局内野安打  D3−1T

3回表 1アウト後森野ヒット、アレックスレフト線2ベースで

2,3塁のチャンスで井上センター前タイムリーで

D5−1T、序盤から苦しい展開に

3回裏1アウト後、関本レフト前ヒットの次シーツがセンターオーバーの

2ラン、ホームラン D5−3T

4回裏2アウト2塁で、桧山ライトオーバータイムリー2ベース

D5−4T

5回表、福留タイムリー D6−4T

6回裏、矢野ショートゴロ併殺の間にタイガース1点を

取って、D6−5T

8回裏、金本四球と濱中の2ランホームランそして、鳥谷の

ソロホームランで、T8−6D

9回表福留のタイムリー  T8−7D

しかし反撃のそこまでで、結局8対7でタイガースが勝った。

画面はヒーローインタビューの濱中と鳥谷です。

いや〜、いい試合を見れました。


サムネイル画像



9月5日  阪神対巨人


阪神 先発 福原   巨人 パウエル


タイガース先発は福原、中4日で前回の雪辱を期す。

1回は先頭打者を出すものの、その後はきちんと抑えて

2,3回は三者凡退に抑える。

しかし4回表、鈴木尚広に出塁を許しワイルドピッチなどで、

1アウト、3塁でイ、スンヨブにライト犠牲フライを

許し、G1−0T

4回裏、金本3塁打で出塁すると、

濱中レフト線2塁打で、G1−1T

矢野レフトヒットで    T2−1G

5回裏 1アウト赤星 1塁から、関本の時2塁盗塁

関本、ライトファールフライで赤星が3塁へ進む。

シーツがライトへぽとりと落ちるタイムリー   T3−1G

6回表、巨人1点、返すものの小久保、併殺打  T3−2G


6回裏、濱中、鳥谷連続ヒットとボークで無死、2,3塁から

矢野 2点、タイムリーで、T5−2G


これは打席の金本です。

結局  この日は5対2 でタイガース勝利しました。


9月7日 阪神対巨人

阪神  先発 井川  巨人は今は亡き グローバー


1回表、イスンヨブ 2ランホームラン  G2−0T

4回表、またもイスンヨブにホームラン   G3−0T


これは今は亡きグローバー

このグローバーに7回まで0行進、ようやく、8回裏

1アウト満塁のチャンスを作るも、関本、シーツ連続三振

結局、8回も無得点。


打席の赤星です。

結局9回裏も高橋尚成の前に三者凡退で結局

0対3でタイガース敗戦でした。

タイガース観戦記に戻る


Ads by TOK2