羅漢

羅漢へ至るのは遠い道程です。

 お釈迦様につき従い、お釈迦様の教えを請い、自ら修行を行い、悟りの世界に達したのが、十大弟子・16羅漢・18羅漢と言われています。

 お釈迦様のお顔は、“慈悲に満ちた”“穏やかで安心を与える”表情です。

 各羅漢様は、お釈迦様と異なり、“厳しく”“怖い”お顔をされています。

 是は何故でしょうか。

 悟りの道は険しく、又、普通の人間は悟った後も、元の欲望の世界に戻る可能性が高いため、悟るための道すがらの苦悩を現しておられるとも言えます。

羅漢への道

羅漢への道には色々な方法があります。
各羅漢と同じように羅漢修行を行い、「一歩一歩進む道。」
自分の弱い面を羅漢に託し、「弱点を克服する道。」
理想の羅漢を掲げ、「理想の羅漢に近付く道。」
自己が悟れてる面を羅漢に託し、
「悟れているところから拡がる道。」・・・・・・
貴方は、どの道を進みますか・・・・

羅漢になりませんか。


 羅漢は、阿羅漢とも言い、修行者の到達しえる最高位を言い、学道を完成し、これ以上学ぶ必要の無い者を言います。言い換えれば「悟った者」を言います。
「悟った」とは、禅宗ではよく「無になる」「物に動じない」「喜怒哀楽を現わさない」等々、色々な言い方をされます。
しかし、「悟る」ことは難しいことです。
いつ達することができる境地か?

それならば、今、貴方が羅漢になりましょう。
羅漢に貴方が移り、「悟り」の境地を体験しましょう。
また、この世を去るとき、安住の地「羅漢の世界」貴方のを手に携えておきましょう。


羅漢に貴方を託しませんか?

人間は弱いものです。意識しても、努力しても、中々出来ないことが多い。
出来ないことを嘆かないで、羅漢に託しませんか?

  • 舎利弗(しゃりほつ)は、智慧の第一人者です。物を正しく判断出来る能力を備えています。誤った判断をしやすい人は舎利弗に託しましょう。

  • 羅怙羅(らごら)尊者は不言実行の羅漢です。不言実行が出来ない貴方は羅怙羅に託しましょう。

  • 賓頭盧(びんずる)尊者は、病の苦しみや悩みから救う力を持つ尊者です。病弱な方は賓頭盧尊者に託しましょう。

  • 阿難(あなん)尊者は、記憶力抜群の尊者で、釈迦の説法を全て諳んじておられました。記憶の弱い方は、阿難尊者に託しましょう。

貴方の弱さを此の地の羅漢に託しませんか。

  • お酒に弱い貴方は、此の地に杯を置いていきましょう。
  • いつもだらだらして寝そべっている貴方は、此の地に怠惰を置いていきましょう。
  • 身体中で苦しいところや悩んでいるところがある貴方は、此の地に苦しみや悩みを置いていきましょう。

・・・そして明日からは“活き活きした人生”を過ごしましょう。


羅漢  お釈迦様のお弟子様。

16羅漢 賓頭盧 (びんずる)
迦諾迦伐蹉 (ぎゃだぎゃばしゃ)
迦諾迦跋釐堕闍 (ぎゃだはりだしゃ)
蘇頻陀 (そびんだ)
諾距羅 (だごら)
跋陀羅 (ばったら)
迦哩迦 (ぎゃりが)
伐闍羅弗多羅 (ばしゃらふったら)
戎博迦 (じゅうばぎゃ)
半託迦 (はんだぎゃ)
羅怙羅 (らごら)
那伽犀那 (なぎゃさいな)
因掲陀 (いんぎゃだ)
伐那婆斯 (ばつばないし)
阿氏多 (あした)
注荼半諾迦 (しゅだはんだぎゃ)

羅漢・阿羅漢・・・ 施しや尊敬を受けるに相応しい聖者
インドでは「尊敬されるべき修行者」を言う
「修行者が到達しえうる最高位」を言う
「学道を完成して、これ以上学ぶ要が無い最高位」を言う
後世、小乗の聖者を言う。
悟る 心の迷いを去って真理を体得する。
煩悩を脱して涅槃を得る。
涅槃 煩悩を断じて絶対的な静寂に達した状態。
仏教の理想の境地
煩悩 衆生の心身をわずらわし悩ませる一切の忘念。
貪・瞋・痴(癡)・慢・疑・悪見を根本とするが、
その数は多く「108煩悩」「64000煩悩」など言われる。
煩悩を断じた境地が悟りである。

羅漢のお申し込み
  即宗院、又は、澤吉(0120ー605ー148)
Ads by TOK2