沿革

臥雲山即宗院は、薩摩藩(現・鹿児島県)東福寺城の守護大名であった六代目島津氏久(1328-1387)の菩提のため、南北朝元中4年(北朝嘉慶元年=1387)、剛中玄柔和尚(東福寺第五十四世住持)を開基として創建された。院号は氏久の法名「齢岳玄久即宗院」に由来する。永禄12年(1569)に焼失したが、慶長18年(1613)島津家久が再興した。
以来、薩摩藩の畿内菩提所とされ、藩より七十石が施入されるほど深い関係が結ばれてきた。現山門は、再興時のもので、門の左右に安置された仁王像は石造りで、本山塔頭寺院の山門仁王としては稀有な存在である。

開山

開山剛中玄柔和尚(1318-1388)は、薩摩藩主の猶子(養子)として豊後国(現:大分県)に生まれた。東福寺住持第三世大明国師(南禅寺開山)の法嗣玉山玄提師事し、その法を継承したのち大慈寺(鹿児島県)・南禅寺・東福寺に歴任した。その間中国の元に渡り、6年間仏教と儒学を学び、朱子学の権威となった。また、帰朝時には大蔵経を請来し、本院に寄贈している。嘉慶2年5月27日、世寿71歳で入寂した。

月輪殿

平安時代後期、関白藤原忠道(近衛家)はこの地に御所の東御堂を建立した。忠道の子、公家九條家の始祖である兼実は、建久7年(1196)に関白を辞して後、自身が別称「月輪殿」と呼ばれたことにちなみ、山荘「月輪殿」とした。本院庭園はその跡地である。大平洋戦争後荒廃したが、玄之和尚が復興に心血を注ぎ、昭和52年に庭園文化研究所森薀博士(元東大教授)等の指導で往時の面影が復元され、京都市史跡に指定された。

室町時代後期の庭園としては類い稀な公家寝殿造系で、鈎の手(「心」)になった池の地割り・瀧の位置など、その往時が偲ばれる。『法然上人絵伝』巻八段五(国宝・知恩院蔵)に描かれ、法然上人が藤原兼実に法話を行った真正なる史跡であり、法然上人に頭光が現われた聖地でもあります。

西郷南洲隆盛

 明治維新の際、西郷隆盛公と僧月照上人(京都清水寺の勤王僧)が当院境内奥地の茶亭「採薪亭」に隠れ、幕軍の難を逃れつつ幕府転覆の策を謀り、ここより密令を発して諸藩と連絡のもとに維新の大業を完遂したのであります。
  採薪亭は現存しませんが、採薪亭は、自然居士の閑居の庵であり、即宗院第13世龍河和尚が寛政八年(1796年)自然居士を偲び一宇の草庵を建てたことに始まります。建物は方三間、二階建、階上に「雲居」の額を掲げ、階下を「採薪亭」と名づけ、もっぱら茶室として使用されました。狐狸が闊歩する東山36峰の一つ「慧日山」の裾野で、新撰組や幕府の追っ手を逃れ謀議するには格好の隠れ処でした。
  隆盛公は更なる苦難を乗り越え、慶応4年(1868年)の鳥羽伏見の戦に際して薩摩兵士の屯営を構え、寺の背後の山頂に砲列を敷き、淀より進撃する幕軍に向って砲撃を加え、勝ち進み勝利を手中にしました。
 倒幕後、明治維新で戦死した霊を供養するため西郷公は斎戒沐浴し、524霊の揮毫を行い、「東征戦亡の碑」(明治2年)を建立しました。
 明治維新の歴史に登場する生麦事件の“奈良原喜左衛門”、幕末の人切り新兵衛と言われた“田中新兵衛”こと“田中雄平”等々の墓碑が存在しております。
Ads by TOK2