ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

THE LORD OF THE RINGS: THE TWO TOWERS

2002年アメリカ・ニュージーランド
  カラー 179分

監督 ピーター・ジャクソン
出演 イライジャ・ウッド イアン・マッケラン
     ヴィーゴ・モーテンセン リヴ・タイラー
        ショーン・アスティン ジョン・リス=デイヴィス
     バーナード・ヒル クリストファー・リー
   ビリー・ボイド ドミニク・モナハン
       オーランド・ブルーム ミランダ・オットー 
   ブラッド・ダーリフ
おすすめ映画
(C) 2004 Paonyan?. All rights reserved



2004/2/9

旅の仲間は離ればなれになってしまった。滅びの山に向かうフロドとサムは、指輪を追ってきたゴラムと出会い、ゴラムを疑いながらも道案内をさせる。連れ去られたメリーとピピンは間一髪のところ脱出し、エント族の「木の髭」と出会う。そして、アラゴルン、ギムリ、レゴラスはメリーとピピンを救いに行く途上、ローハン王国の軍と出会い、やがてローハンと闇の勢力との闘いに巻き込まれていく・・・。


バラバラになってしまった旅の仲間のそれぞれの冒険を描く第2作です。指輪を持って滅びの山へ向かうフロドとサムは、旅の途上に元の指輪の持ち主のゴラムと出会い一緒に旅をすることになります。「愛しいしと」の指輪を恋い慕うゴラムは、フロドをご主人様と呼び従いながらも心の中で指輪への欲望を抱き続けます。そんなゴラムにサムは常に猜疑心を向けます。ゴラムを信じたいフロドと常に疑うサムの間に今までなかった小さな亀裂が生じるようになるのです。そして、フロドの心はいつしか指輪の誘惑にさいなまれるようになり、段々憔悴していきます。そんなフロドを支えるサムが何とも健気なんだなあ。サムは完全にフロドを喰うくらいの存在感を見せてくれます。

ボロミアの奮戦むなしくオークの一団に連れ去られたメリーとピピンは最初は大変で命からがら逃げ出した後は、木の髭に救われちょっとのんびりした(笑)旅を続けます。前作ではお笑い担当の感があったメリーとピピンですが、段々闇の勢力の恐ろしさがわかってきて、平和の里遙かなホビット庄を思いながらも悩み始めます。何とも平和そうな木の髭の声を演じているのは、ギムリ役のジョン・リス=デイヴィスなのでした。

そして、何と言っても今回一番大活躍のアラゴルン、ギムリ、レゴラスのトリオ。前作の最後から走っていましたが、本作の最初もやっぱり走っている(笑)。メリーとピピンの後を追って走って走って・・・そして、出会ったのは灰色から白の魔法使いに昇格したガンダルフ。さらに彼らはローハン国の闘いに手を貸すことになるのです。ローハンの国王セオデンは、すっかりサルマンの魔力にかかって統治能力を失い、甥のエオメルと彼の率いる軍を追い出します。しかし、ガンダルフの力で目を覚ましたセオデン王を待っていたのはサルマン軍の圧倒的な軍勢。ローハンの運命を賭けて、彼らはヘルム峡谷の戦いに突入していくのです。この戦いの激しさと迫力は目を見張ります。とにかく格好良いアラゴルンは、兵力で劣るローハンの軍勢をエルフ語で(ここが格好良い)指揮します。反目しあっていたギムリとレゴラスはいつの間にか迷コンビに。どっちが何人倒した、と競いあいしたり、レゴラスが踏み台を持ってこようか、と言ったり(爆)。とどめは髭を捕まれるのも嫌がっていたギムリが、アラゴルンに「俺を投げろ」と言うところ。この迷トリオ3人は、それぞれ種族も違いますが、確実に友情を育み連帯意識を育てていきます。レゴラスはスケボー弓矢なんぞという格好良いシーンも用意されているし、とにかく今回はこの3人から目が離せないのでした。おまけにローハンの姫エオウィンのアラゴルンへの恋心も描かれていて、見所満載なのでした。エルフの隊長ハルディアとアラゴルンとのシーンは泣けます。

CGと俳優アンディ・サーキスとの演技との融合で作られたゴラムは今回目が離せないキャラクターです。エント族の悠久の歩みも良い。でも、何と言っても命を賭けた男たちの友情と戦いには胸が熱くなるのでした。旅の仲間のますます強くなる絆にも涙。次から次へと出てくるイノシシやオークやウルク=ハイなどとの戦いのシーンの迫力は恐らく映画史上に残るものでしょう。

何故人は戦い続けねばならないのか。所有欲や権力へのあくなき欲望が人から消え去ることはないのでしょうか。ローハン王国にはほとんど戦える人はいなく、老人や子供が弓や剣を取る様は切なくなります。そして、地下で息を潜めて成り行きを見守るしかない女性や子供たち。遙か昔から現代まで結局は変わることのない光景なのかもしれません・・・。旅の仲間と白の勢力に幸あれ、と祈るのみでした。


☆ローハンの要塞のドアに向かって松明を持って走ってくるオークを見ていると、つい「炎のランナー」のテーマが頭の中で鳴るのでした。

も一つ☆やっぱり用事が出来たガンダルフ。何故、最初から5日目の朝ってわかるの!?


ビデオ ○   DVD ○



Ads by TOK2