アメリ

LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN

 2001年フランス映画
 カラー  120分

監督 ジャン=ピエール・ジュネ
出演 オドレイ・トトゥ マチュー・カソヴィッツ
    ヨランド・モロー ジャメル・ドゥブーズ
イザベル・ナンティ
おすすめ映画
(C) 2003 Paonyan?. All rights reserved



2003/9/7

医師の父と神経質な母に育てられたアメリは、心臓病ということから学校に行かずちょっと淋しい子供時代を持ち前の空想力を友にして過ごした少女だった。22歳になった彼女は、親の家から離れモンマルトルのカフェで働きながら生活していた。しかし、ある日彼女は自分の部屋である物を発見する。それが思わぬ喜びを他人にもたらしたことを知り、アメリは人にお節介をすることに情熱を燃やし始める。そんなアメリがある日、運命の人ニノに出逢うが自分の恋となると消極的で彼の前に姿を現すことさえ出来ない・・・。


とにかくとにかくファンタスティックでかなり変わっていて、凄く楽しい映画です!かなり変わった女性と言えるアメリですが、キュートでチャーミングで憎めない。人にお節介を焼くことに生き甲斐を見いだしてしまったからさあ大変。見知らぬ人から、職場の人、家族にと彼女の善意はとどまるところを知らずにあふれ出すのでありました。そんな彼女も自分の恋にはもの凄く臆病で彼に近づくことさえ出来ない現実。でも、アメリの側にアメリはいなかったのであります。自分でどうにかしなければ・・・。

何かと派手なイメージのあるCGもこんな風に使うなら凄く楽しくて微笑ましい。空に浮かぶうさぎさんやテディベアの雲!子供の時からアメリは想像力の固まりでした。
冒頭何分かをかけて語られるアメリの周りの人たちの好きなことと嫌いなこと集。これも大爆笑。クレームブリュレのお焦げつぶしにはまだ挑戦したことはないけれど、梱包材のプチプチ潰しは万国共通のストレス解消法なのね。

人には親切なアメリだけれど、敵に回したらもう大変。次から次へとプチ復讐の嵐が降ってくるところも笑えます。近所のサッカーおじさんへの復讐なんて笑った、笑った。食料品店店主への復讐も、かなり混み行った方法でしたね。
かと思えば、アメリの仕掛けたお節介第一号の、子供の頃の宝物と出逢った男性が泣き出すところなんて、ちょっとじーんと来てしまいます。それから、最高に素敵と思ったのがアメリのお父さんの大切なドワーフ。いきなりいなくなったと思ったら世界を旅して回っていた!モスクワのドワーフやら、自由の女神を背にするドワーフやら・・・。このエピソードは良かったなあ。

近所の絵描きさんのところに送られるビデオも面白かったです。自転車の選手たちを追いかけて追い越してしまう馬なんてもう大爆笑もの。とにかく遊び心がこれでもかこれでもか、と溢れているところが凄く素敵なのです。

そんなアメリが恋したニノは、駅のインスタント証明写真ボックスに残された他人の写真を集めてアルバムに貼るのが好きというこれまたちょっと変わった趣味の持ち主。いつも駅で写真を集めている様子がいとおかしいのです。そんな彼のアルバムを拾ってしまったところから、アメリはニノに接近しようとして出来ず、あの手この手でおびき寄せ逃げ回り・・・。人にはどこまでもお節介なアメリなのに、自分の恋にはこの有様。純情といえば純情。怖がりと言えば怖がり。ニノへのアプローチ失敗で溶けてしまうところなどとってもキュートであります。

そんな中に謎の証明写真の男のミステリーも絡みます。色々な駅で写真を撮っては、捨てていく一人の男。彼は何故そんなに写真を撮るのか?何か理由があるのか。とうとう彼は死に取り憑かれているなんて意見も出て、みんなが興味津々。この理由がわかるところは、この映画の最大のクライマックスですとも!もう目から鱗!仰天!おかげで街中でインスタント証明写真を見ると笑えてしかたありません。

ちょっとしたところが凄くおしゃれなのもこの映画の素敵なところです。ブタさんの電気スタンドなんて、「欲しい!」と思う人はきっと多いのではないでしょうか。私もその一人。アメリも美人というのではないけれど、どこかキュートで可愛いのね。ちょっと小悪魔的な感じがすることもあれば、純情な女の子そのままってところもあって、凄く魅力的なキャラクターです。脇役も一人一人、生きている。アメリのパパや近所の画家さんや、画家さんのところに食料をそっと届けるリュシアン(確かそんな名だったと)が一つ一つ細工をした食料をパーンと言って出すシーン。子供の心をしっかり持った大人たちの可愛さが溢れています。ストーカー男性さえアメリの手にかかれば純に恋する男性に早変わり?

舞台になるだけで素敵なパリ。そんな地の利を思いっきり生かして、凄くおしゃれで楽しくてほんわか温かい映画に仕上がっています。そして笑えること笑えること。思いっきり笑って発散してほんわか幸せな気分になりましょう。絶対見て損はなし。


☆サッカーの試合の最中に、チャンスをわざわざ狙ってぶちんぶちんするのはやめてね、アメリちゃん。お願いだから〜。


ビデオ ○   DVD ○

Ads by TOK2