望郷

PEPE-LE-MOKO


  1937年フランス映画
   白黒 94分

監督 ジュリアン・デュビビエ
出演 ジャン・ギャバン ミレーユ・バラン
  リーヌ・ノロ マルセル・ダリオ
おすすめ映画
(C) 2003 Paonyan?. All rights reserved



2003/2/16

銀行を襲った強奪犯のペペ・ル・モコはパリから逃れ、アルジェリアのカスバの街に身を隠していた。警察は何とかしてペペ・ル・モコをつかまえようと苦心するが、彼は巧みに捜査の網から逃れてしまう。ある日、パリからやってきた洗練された女性ギャビーに出逢ったぺぺは一目で恋に落ちる。ギャビーの方もぺぺに魅力を感じ、2人はそっと逢瀬を重ねる。しかしギャビーがカスバを去る日が来た。いてもたってもいられないぺぺは・・・。


あまりに有名な映画です。フランスが生んだ大俳優ジャン・ギャバンの代表作の一つであり、この映画の奏でる哀愁が何とも日本人の心をくすぐるようです。

舞台は戦前のアルジェリアのカスバ。「カスバの女」というシャンソンもありますが、カスバと聞くだけで思い出すのは外人部隊や異国情緒、紫煙の香り、アンニュイな魅力・・・。カスバは映画の中で「森のように深く蟻の巣のように複雑な迷路のような街」と表現されています。そしてこの町は人種のるつぼ。過去を捨てこの街に生きている人々が多いのです。この街を事実上仕切っているペペ・ル・モコもその一人。かつてパリで銀行を強奪したお尋ね者でこの迷路のようなカスバに居場所を求めて流れてきた脛にキズを持つ人物です。警察は躍起になって彼を捕まえようとしますが、肝っ玉は人一倍座っていながらも抜かりのない彼は決して捕まりません。そんな彼が、その冷静沈着な心が乱れるような女性に出逢うのです。その人の名はギャビー・・・。

ぺぺにはイネスという名の愛人がいますが、ギャビーに出逢った彼は洗練された彼女にどんどんはまっていきます。半ば捨てられたイネスの哀しさよ。ぺぺはギャビーの美しさに惹かれただけでなく、彼女の中に「パリの思い出」を見いだすのです。それを彼は「メトロの匂い」と表現します。思い出すのは懐かしのパリ。なじみのカフェにビストロ、ダンスホール。ぺぺが楽しい時を過ごした華やかなパリのあでやかな思い出の数々がギャビーを通して蘇ります。
カスバには、何らかの理由で遠く故郷を離れた人が多く住んでいます。かつてパリで華やかな歌手だったという女性もいます。美しいドレスを着て、舞台でカフェで歌った日々。すっかり年を取り外見も変わった彼女は、その歌の時代を聞きながら過ぎし日を懐かしむのです。

全編を彩る郷愁。これがこの映画のポイントです。いつも自分の身の安全に抜かりのなかったぺぺが変わっていく過程が、何とも言えない哀しさをも含めて描かれていきます。可愛がっていた少年ピエロがかけられた罠。ギャビーとの甘く切ない逢瀬。そこに忘れられた愛人イネスや、刑事たちも絡んで怒濤のラストへと突入します。ラストのあの船の汽笛・・・。あの汽笛のシーンには思わず涙が出ます。

故郷は遠くにあって思うもの。どんな過去がある人物でも忘れられない思い出がある。大物犯罪者のペペ・ル・モコにしても、故郷を、過ぎ去った良き日を思う心には勝てませんでした。そんな人間の切なさ弱さが胸を打ち、エキゾチックなカスバの街が何とも言えない風情を誘います。ラストシーンでのジャン・ギャバンの名演には目を見張ります。ハンサムというのとはちょっと違うけれど、やはりジャン・ギャバンが稀代の名優の一人であることは決して否定できないでしょう。


☆「カサブランカ」はこの映画をある程度モチーフにしているのかな、と思えるところがありますね。「私たちにはパリの思い出がある」。私もパリに思い出を作りに行ってみたいものです。


ビデオ ○  LD ○ DVD○


Ads by TOK2