若草物語

Little Women

1949年アメリカ映画  MGM カラー 122分

監督 マーヴィン・ルロイ
出演 ジューン・アリスン マーガレット・オブライエン
エリザベス・テイラー ジャネット・リー
ピーター・ローフォード メリー・アスター
ロッサノ・ブラッツィ C.オーブリー・スミス
おすすめ映画
(C) 2001 Paonyan?. All rights reserved



2001/2/5

 ご存じルイザ・メイ・オルコットの名作の2度目の映画化です。MGMが総力を入れた豪華スター共演で、見るからにきれいな映画でした。

 南北戦争の時代。北部のとある街で暮らすマーチ一家は父が従軍中で、母と4人姉妹が肩を寄せ合って暮らしていました。決して裕福とは言えない暮らしの中でも、姉妹は想像力を働かせ、また母の愛に満ちた教えに添ってそれぞれの人生に踏み出して行くのでした。 大好きな原作の映画化としては、これは大成功の部類に入ると思います。ただ、未だに引っかかる点が一つ。4人姉妹の3女と4女、ベスとエイミーの順番が逆なのです。これはエリザベス・テイラーとマーガレット・オブライエンをキャストに使いたかったゆえに起きたことです。二人の年齢はひっくり返せないし、リズはどう見てもエイミーであって間違ってもベスではない。マーガレットはやっぱりどちらかと言えばベスでしょう。キャストにこだわって、こんな有名な原作までひっくり返してしまうとは、恐ろしやハリウッド!

 しかし、この逆転現象もぴったりキャラクターがはまっているので許せてしまうところがこの映画。ジューン・アリスンは当時32歳になっていて、勿論ジョーにはほど遠い年ではありますが、彼女の明るく賢明なキャラクターはジョーにぴったりで、好きな女優さんであることも手伝って年齢なんか気にしないことにしています(笑)。ジャネット・リーはまだ新進女優でしたが、とにかくきれいで上品でまたもやどこから見てもメグにぴったりです。ちなみにこの2人、実年齢ではジューン・アリスンの方がジャネット・リーより年上ですが、まあ2人とも大人だったから問題なしだったんでしょうね。

 リズはやはり美人でわがままなエイミーにどんぴしゃりですし、マーガレット・オブライエンも他の姉妹と少々年が離れるもののはかなげでおとなしい印象がベスにぴったりでした。

 お母さん役はメリー・アスターで「マルタの鷹」の悪女役が印象的な人ですが、良妻賢母の鏡を演じてそつがありませんし、ローリーはピーター・ローフォード。ケネディ大統領の妹さんと結婚した人ですが、まあこんなものか、と(笑)。ベア教授はロッサノ・ブラッツィで髭はやしてちょっと目には彼には見えません。

 知り尽くされた話だけに、映画化ではキャスティングの成功が成否を握ると言っても過言ではありませんが、その点この作品はほぼ成功といえると思います。姉妹のドレス、家の中のセット、ピクニック風景、街の様子、効果的な雪の情景など、すべてが古き良きアメリカを体現していて、この時代に愛着を感じる人には嬉しい映画です。そして黄金時代のハリウッド映画の力をまざまざと感じさせる映画でもありました。オープニングとテーマ音楽が素敵。

☆原作ではみんな10代でしょう?とか、ローリーはもっと若くてハンサムなはずだ!とか、深く追求するのはやめましょう。彼ら、彼女たちは「続・若草物語」の部分まで演じるのですから。


                ビデオ○   LD廃盤
Ads by TOK2