スターに愛をこめて

グレゴリー・ペック
Gregory Peck




1916年4月5日、カリフォルニア生まれ。
2003年6月12日逝去。


6歳の時に両親が離婚し、薬剤師だった父と祖母に育てられる。
カリフォルニア大学バークリー校で医者を目指して医学部で学ぶ。在学中にボート部で活躍したが、脊髄を痛めて選手を引退。代わって演劇に興味を持ち始め、卒業後俳優を志しニューヨークで舞台に立つようになる。その姿を見初められ、43年の「栄光の日々」でフォックスの大型新人として映画デビューする。大学時代のボート部で脊髄を負傷し兵役免除となったことから、当時人材難だったハリウッドで「背が高く、高貴で美男な」ニュースターとして各社から注目を集め、5年間で12本の映画に主演するという超売れっ子になった。
「子鹿物語」の優しい父、「頭上の敵機」のパイロット、「紳士協定」の偏見に相対するジャーナリストなど、彼の好演も光るが、それらのほとんどの映画が高水準だったことも注目に値する。「頭上の敵機」ではニューヨーク批評家協会の主演男優賞を獲得する。45年から49年にかけて、「王国の鍵」「子鹿物語」「紳士協定」「頭上の敵機」と4度もアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたが惜しくも受賞はならなかった。破竹の勢いの活躍は50年代に入っても続く。海洋アクション「艦長ホレーショ」「世界を彼の腕に」でアクションを披露したかと思えば、ヘミングウェイの名作「キリマンジャロの雪」での作家役、そして「ローマの休日」の新聞記者役。誰もが認めるハリウッドトップスターだった。その後自らのプロダクションを立ち上げ「大いなる西部」「白鯨」を撮る。映画の質は評価されたのだが、興行的にはあまりパッとしなかった。しかし、すぐに「ナバロンの要塞」でまたまた大ヒット。続いて62年の「アラバマ物語」ではアカデミー主演男優賞を獲得した。清潔でリベラルな人間性あふれる弁護士役はまさしくペック自身を投影したかのような役で評価が高い。その後も「マッケンナの黄金」「アラベスク」「宇宙からの脱出」「オーメン」「マッカーサー」「ブラジルから来た少年」など、代表作は数知れない。
その温厚な人柄からハリウッドスターの中でも大変に人望が高く、第17回アカデミー協会長、ハリウッド俳優組合の会長を務め、俳優救済基金を設立した。
2003年6月12日、長年連れ添った妻ヴェロニクに看取られてこの世を去った。享年87歳。
ルックス、スター性、さらに人望にも恵まれたハリウッド黄金期を飾った紛れもない大スターの1人だった。


主な出演作品

1944年 王国の鍵
1945年 白い恐怖
      愛の決断
1946年 白昼の決闘
1947年 パラダイン夫人の恋
      紳士協定
      子鹿物語
      決死の猛獣狩り
1948年 廃墟の群盗
1949年 頭上の敵機
1950年 拳銃王
1951年 勇者のみ
      艦長ホレーショ
      愛欲の十字路
1952年 世界を彼の腕に
      キリマンジャロの雪
1953年 ローマの休日
1954年 夜の人々
      紫の平原
      春風と百万紙幣
1956年 白鯨
      灰色の服を着た男
1958年 無頼の群
      大いなる西部
1959年 悲愁
      渚にて
      勝利なき戦い
1961年 ナバロンの要塞
1962年 西部開拓史
      恐怖の岬
      アラバマ物語
1963年 ニューマンという男
1964年 日曜日には鼠を殺せ
1965年 蜃気楼
1966年 アラベスク
1968年 レッド・ムーン
1969年 マッケンナの黄金
1969年 0(ゼロ)の決死圏
      宇宙からの脱出
1971年 新・ガンヒルの決闘
1973年 荒野のガンマン無宿
1976年 オーメン
1977年 マッカーサー
1978年 ブラジルから来た少年
1980年 シーウルフ
1983年 ブルー&グレイ(テレビムービー)
1987年 サイレント・ボイス/愛を虹にのせて
1989年 私が愛したグリンゴ
1991年 ケープ・フィアー
      アザー・ピープルズ・マネー
1993年 愛のポートレイト/旅立ちの季節(テレビムービー)
1998年 モービー・ディック(テレビムービー) 





※小学生の時から良く知っていた大スターだった彼に心から惹かれたのは中学生になって「キリマンジャロの雪」を見た時でした。ヘミングウェイの有名な作品の映画化であるこの作品で彼は作家役を演じていました。エヴァ・ガードナー、スーザン・ヘイワードなど豪華な女優陣との共演。特にエヴァさんとの有名なラブシーンには胸が熱くなりました。この時から彼は私にとって特別な人になりました。テレビで放映される彼の映画は欠かさず見るようになりました。そして見れば見るほど彼が好きになっていったのです。189cmの長身、知的で爽やかで品が良くてハンサムな容貌、言うことなしのルックスを備えた彼は、ハリウッド黄金時代を代表する大スターの一人であったことは言うまでもありません。

印象深かったのは「大いなる西部」の東部から来た船乗りジム・マッケイ。西部という荒くれた地にありながら異質な紳士的物腰で西部の女性達を魅了していく彼。非暴力を貫く姿は腕がものを言う西部では意気地なしとも見られますが、意に介せず信念を貫き通します。それでいて、決着をつける時はつける。それがあの有名なチャールトン・ヘストンとの真夜中の延々と続く殴り合いなのです。





それから「ナバロンの要塞」のマロリー大尉。一癖も二癖もある男達が集結したこの映画で、彼は見事にチームリーダーとして彼らを束ねていました。一時は情に流された彼が非情な決断さえしなければならなかった悲しさよ。
そして、「アラバマ物語」のアティカス・フィンチ。因習残る南部で正義を重んじる朴訥な感さえあるアティカスは信念を貫くために戦います。勿論ここでも非暴力。先頃発表されたAFIが選ぶ歴代アメリカ映画の偉大なるヒーロー部門で名だたる派手なヒーローを押さえてこのアティカスが1位になりました。その時は嬉しかった。
グレゴリーさんにとってまさに地とも言える役。そして彼はこの映画でやっとアカデミー主演男優賞を手にしたのでした。





彼は見るからにハンサムだけではなく見るからに善良で心清き古き佳きアメリカを体現するスターでした。その印象に負けない立派な人柄でも知られています。アカデミー協会の会長を初め、俳優達の老人ホーム建設(俳優協会に登録している俳優さんの数は膨大でそのほとんどが名を成すことなく終わっていくのです)に尽力するなどの行動は常に仲間の俳優たちの賞賛を浴びていました。病気に伏せるオードリー・ヘプバーンがスイスに療養に行くときは操縦士つきで自家用飛行機を貸してあげ、エヴァ・ガードナーが亡くなった時は、雇い主と飼い主を失った家政婦さんと犬を自分の家に引き取った、などなどちょっとした行いの1つ1つに思いやりが溢れている。本当に良い人なのでしょう。それでいて、結構筋金入りのリベラル派でもありました。核軍縮、あらゆる差別撤廃、銃規制に賛成など、まさしくアティカス・フィンチと重なるその思想は、時にはニクソンのブラックリストに載ったりもしたようですが、確乎としたその信念は崩れることがありませんでした。

彼は非の打ち所のないスターでした。まあ、偉大なる大根役者と言われたことがあるのは事実ですが、それも気にならなかった。彼は彼のままで良かったから。彼自身であることがあの頃のアメリカの善良なる男性を演じることにつながっていたのでしょう。
ここのところ体調を崩しているという噂を聞いていたので心配していました。何しろ高齢ですから、よもや・・・という心配はいつもありました。今年のアカデミー賞授賞式にも欠席していたし。その心配が現実となった今、私は貴方に出逢った時の感動を再び思い出さずにはいられません。貴方は間違いなく私を映画の方向に導いていった人でした。貴方の作品を見るために映画をいっぱい見ました。そしてそこからどんどん興味が広がって、気づいたら映画フリーク。





若い頃の神々しいまでに綺麗な顔立ちも、中年になってからの皺のある味が出てきた風貌も、お年を召して白髪になってしまった柔和な容貌も全部好きでした。
98年のサッカーワールドカップ決勝戦のあとの表彰式で、VIP席に座って優勝したフランス選手達(これまた私の大好きなフランスチーム)をカメラで写していた何ともお茶目な姿は忘れられません。まさかあんなところで貴方を見られるとは。





貴方は正真正銘のヒーローでした。映画の中でも私生活でも、貴方のようなスターは恐らくはもう現れないでしょう。
貴方のいなくなったハリウッドを思うと火が消えたようです。でも、貴方に出会えたあの日を私は忘れない。貴方と貴方の映画のおかげで、私の人生は沢山の喜びに包まれました。
ありがとう。安らかにお眠り下さい。



(C)2003 Paonyan? All rights reserved
03/6/15
Ads by TOK2