国道1・15号中央通り(日本橋〜銀座) (2005年8月29日撮影) DSC-T1
日本橋を境に中央通りは国道4号から国道1号に変わります。
すぐ南側にある日本橋交差点で国道1号が分岐し国道15号として銀座、新橋方面へ南下していきます。



日本橋


日本橋を南にすぐ日本橋交差点に到着
ここで直進方向が国道15号となり新橋から第一京浜になり横浜方面へ、
右折方向が国道1号で大手町、日比谷、桜田門から横浜へ通じる第二京浜になります。


日本橋交差点


西へ分岐した国道1号大手町方面


国道15号銀座方面へ進みます








高島屋





まもなく東京駅入口


東京駅八重洲口入口


右手はすぐ東京駅八重洲口正面へ出ます
東京駅
東京駅八重洲口


こちらは反対側、八丁堀方面


東京駅入口から中央通りを銀座方面へ進みます








まもなく京橋


今歩いてきた中央通り日本橋方面





地下鉄京橋駅入口





京橋に到着
かつては京橋川が流れていましたが昭和34年に埋め立てられ現在に至ります。


京橋から見た中央通り日本橋方面


京橋大根河岸青物市場跡の碑
この碑は京橋そばの広場にあります。
1664年(寛文4年)に京橋川の水運を利用して、京橋の北詰西側に野菜の売り場が設けられました。
この青物市場には大根の入荷が多かったため、「京橋大根河岸市場」と呼ばれ、明治になってからは「京橋青物食物河岸」と呼ばれました。明治の終わりには現在の京橋3丁目と八重洲2丁目の南部、対岸の銀座1丁目の西部にまで規模が広がり、青物・菓物のほか、魚類・乾物も扱うようになりました。大正時代には関東大震災の被害を受けましたが、卸問屋・仲買による組合の努力により、問屋68軒、仲買105名に達しました。
しかし、1935年(昭和10年)に築地の東京卸売市場と合併、移転しました。
「京橋大根河岸青物市場跡」の碑は1959年(昭和34年)に関係者により建てられました。


京橋南側 銀座通り口交差点


銀座通り口交差点から銀座4丁目、新橋方面へ進みます




NEXT
新橋方面
国道15号中央通り(銀座〜新橋)


東京駅
東京駅周辺
東京駅 東海道線・中央線ホーム
東京駅 東海道新幹線ホーム
東京駅 東北・上越・長野新幹線ホーム
成田エクスプレス・東北新幹線
東京駅八重洲口
東京駅丸の内口


中央通り沿線風景
国道17・4号中央通り(神田〜日本橋)
日本橋
国道1・15号中央通り(日本橋〜銀座)
国道15号中央通り(銀座〜新橋)

国道4号中央通り(日本橋室町3〜日本橋)
国道1号中央通り(日本橋)
国道15号中央通り(日本橋〜新橋)



東京 GALLARY INDEX TOP

Ads by TOK2