大内宿2003 (2003年4月28日撮影)
大内宿は、福島県南会津郡下郷町大字大内にある旧宿場町で、重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。
大内宿は、会津城下と下野の国(日光今市)を結ぶ32里の区間の中で会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町です。
この宿場町の中を通り抜ける日光街道は、南山通り・下野街道・会津西街道とも呼ばれていて、会津藩主の18回に及ぶ江戸参勤と江戸廻米の輸送と、当時会津藩と友好関係にあった米沢藩・新発田藩なども頻繁に利用した重要路線でした。


大内宿入口


大内宿のメイン通り「南山通り」





大内宿の街並み
4







「!?」








大内宿全景


大内宿駐車場


大内宿から会津本郷町まで4月に開通したばかりの県道131号線を走りました。


大内ダム





下郷町と会津本郷町の境界付近


会津盆地を望む
下野街道は写真左の谷間を通ります。




会津若松


大内宿
大内宿2014雪景色 Part1
大内宿2014雪景色 Part2


INDEX2001-2004 GALLARY INDEX TOP


Ads by TOK2