道の駅くしもと橋杭岩 (2013年9月18日撮影) SLT-A77V
橋杭岩は串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。
その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付きました。
海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋を架ける賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。
橋杭岩は吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。
この橋杭岩が見える駐車場には道の駅くしもともオープンしました。

大きな地図で見る













































































































































NEXT
田辺・串本方面
国道42号(道の駅くしもと橋杭岩〜潮岬西入口)



紀勢道・熊野古道 GALLARY INDEX TOP


Ads by TOK2