興福寺 (2011年6月6日撮影) DSLR-A700
奈良県庁から国道369号を挟んで南側にある興福寺へ向かいます。
興福寺は和銅3年(710)、藤原不比等が飛鳥から平城京へ前身の厩坂寺を移転したもので、藤原氏の氏寺として藤原一族の隆盛とともに寺勢を拡大し、古代から中世にかけて強大な勢力を誇っていました。
なお、興福寺は「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。

大きな地図で見る


奈良県庁東交差点














国道369号 奈良県庁西交差点








奈良県庁西交差点から少し南に入ると興福寺入口


興福寺 国宝館











興福寺 五重塔


南円堂


東金堂


興福寺 五重塔 北西から





興福寺 五重塔 西側から





角の伸びた牡鹿


鹿せんべい販売中











南円堂














猿沢池
左右を走っているのは三条通で、ずっと右の方向へ行くとJR奈良駅前へ出ます。
このあと三条通を少し右方向に進み、東向アーケードを通って近鉄奈良駅へ向かいます。




NEXT

奈良市街・奈良駅方面
猿沢池・東向通り

奈良駅 Part1(東口・西口)
奈良駅 Part2(改札内・3階ホーム)




 


参考
興福寺


奈良 GALLARY INDEX TOP

Ads by TOK2