河津七滝ループ橋 Part2 河津桜編 (2010年2月27日撮影) DSLR-A700
 国道414号、七滝・大滝温泉への入口にあたる河津七滝ループ橋は、総延長1.1km、高さ45m、直径80mの巨大な二重ループ橋(道の高低差を二重の螺旋で継いだ高架橋)。正式名称は七滝(ななだる)高架橋といい、かつては山に沿って国道がつづら折れになっていた区間の通行の利便性と高低差を解消するために造られたもので、 地震による土砂崩れの教訓を生かして採用された工法によって生まれたものです。1981年の開通以来、河津の新名所になり、「遊園地気分の2回転パノラマ」を楽しんでいく人が多いそうです。制限時速は時速30kmに設定されています。また橋の周辺には、2月上旬から開花する“河津桜”約100本が植えられており、毎年早春に催される「河津桜まつり」の会場の一部となっています。

大きな地図で見る


国道414号七滝高架橋(河津七滝ループ橋)


河津桜
河津桜は早咲きの桜で毎年1月下旬ごろから約1カ月の長期間にわたって開花します。





























































NEXT
河津七滝ループ橋

下田・三島方面
国道414号(河津七滝入口〜天城道の駅)


河津七滝方面
河津七滝 Part1
河津七滝 Part2




伊豆 GALLARY INDEX TOP


Ads by TOK2