Jヴィレッジ (2005年10月9日撮影) EX-Z3,C-750UZ,DSC-T1
 Jヴィレッジは福島県に発電所を立地する東京電力が地域振興のために、日本サッカー協会・Jリーグ・福島県の協力を得て設置されたスポーツ振興施設です。
日本代表チームをはじめとして、Jリーグ・JFL・Lリーグ・社会人・大学・高校・中学・少年・少女及び外国チーム等のトレーニング・合宿など、サッカー界初のナショナルトレーニングセンターとして、国内外からの幅広い利活用に応えています。
 また、東京電力女子サッカーチーム「マリーゼ(Mareeze)」が「YKK AP東北女子サッカー部フラッパーズ」からのチーム移管を受けて、2005年2月1日に発足しました。
「マリーゼ」は、海を意味する《marine》とそよ風を意味する《breeze》をあわせた造語で、海のように力強く、風のようにさっそうと駆け抜けるチームになって欲しいという願いが込めらています。
マリーゼはここJヴィレッジをホームタウンにL1リーグ(なでしこリーグ)で 2005年から活動を開始しました。

国道6号Jヴィレッジ入口を左折、Jヴィレッジ敷地内へ入ります
正面は屋根付き練習場。


Jヴィレッジに到着
正面の建物は宿泊施設で中にはレストランやグッズショップなどもあります。


宿泊施設(左)とフィットネスクラブ(右)


屋内練習施設


天然芝フィールド


トレーニングフィールド


中央は広野火力発電所の煙突


サッカー練習の様子が見えます





施設内へ入ります





マリーゼグッズ販売コーナー


マリーゼインフォメーションコーナー











施設上階部分にある展望台へ

エレベーターを降りると蹴球神社が目に入ります(!?)


Jロードプラザ
高速道路についての案内所です。


そして展望台からの眺め

正面奥には太平洋が見えます。














Jビレッジ南側にはJビレッジスタジアムがあります
なでしこリーグ等の試合はスタジアムで行われます。


スタジアムへ向かいます
Jビレッジからスタジアムまでは遊歩道の中を結構歩きます・・・。


Jビレッジスタジアムへ到着


マリーゼの選手たちが移動で使用するバス
常磐交通の所有みたいですね。


本日はなでしこリーグTEOCOマリーゼ対FC高槻との試合が開催されます





Jビレッジスタジアム内











いよいよ試合開始


マリーゼのサポーター


















































マリーゼマスコットキャラ「マリ」













マリーゼの勝利で試合終了








勝利で喜ぶサポーター


マリは子供たちにも大人気





NEXT
道の駅ならは
道の駅ならは


国道6号いわき方面
国道6号(楢葉〜いわき市四倉)

国道6号仙台方面
国道6号(道の駅ならは〜楢葉)

マリーゼ観客1万人動員プロジェクト(2005.9.25 福島県営あづま総合運動公園)
マリーゼvs浦和レッズ 前半
マリーゼvs浦和レッズ 後半


参考
Jヴィレッジ
TEPCOマリーゼ
広野火力発電所
東京電力


STAGEAと走れ!2006(国道6号) STAGEAと走れ! GALLARY STAGEAと走れ! TOP



Ads by TOK2