越後湯沢駅 Part3(特急はくたか681系、683系) (2014年11月5日撮影) SLT-A77V
 北陸新幹線の2015年3月開業を控え、越後湯沢駅での北越急行経由金沢・福井行きの特急はくたかの活躍もまもなく見納めとなります。特急はくたかは現在JR西日本の「ホワイトウイング」681系1000番台、北越急行の「スノーラビット」681系2000番台、683系8000番台が使用されていて越後湯沢駅から六日町駅の間はJR東日本の上越線内を走行します。
 また北越急行線の普通・快速列車も越後湯沢に乗り入れていて、中にはトンネル通過時等に天井に星空など5種類の映像を映し出す「ゆめぞら」号なども乗り入れてきます。
 一方、JR上越線では越後湯沢を境界に高崎支社の115系、新潟支社の115系電車の姿も見られます。
新潟支社はまもなく新型電車投入のため新潟カラーの115系電車もまもなく見納めを迎えそうです。



越後湯沢駅の歓迎ポスター


SLばんえつ物語キャラクター「オコジロウ」と新潟の観光キャラ「レルヒさん」
SLばんえつ物語についてはこちら⇒会津若松駅2011(SLばんえつ物語号)


越乃Shu*Kura号
新潟観光キャンペーンの一環として運行される列車で新潟の酒を楽しめます。


こちらはポスター


北陸新幹線開業まであと少し
越後湯沢駅は北陸方面への乗り換え駅としての使命を終えることになります。


上越線発車時刻表


ほくほく線発車時刻表


上越新幹線発車時刻表


ほくほく線直通列車発車案内





越後湯沢駅 ほくほく線ホーム


ほくほく線普通列車は0番線から発車


ほくほく線所要時間案内


683系8000番台特急はくたかと普通列車
683系8000番台は2005年に投入された正面や側面の帯が赤色のバージョンでたった1編成しかありません。


はくたか24号福井行きは9両編成
北越急行の681系と683系車両(スノーラビット)は前面と側面の帯は赤色となります。


683系金沢方先頭車
681系と比べてヘッドライト形状が異なります。





北越急行のロゴマーク


SRE(SNOW RABBIT EXPRESS)のマーク


はくたかの福井行きは1本のみ








越後湯沢方先頭車はこのように連結可能な形状です


北越急行683系8000番台 特急はくたか24号 福井行き 発車(YouTube動画)


特急はくたか発車後のホーム


越後湯沢駅駅名標








ほくほく線 越後湯沢駅 発車時刻表


普通列車が発車したあとの0番線
右側は駅ビル「CoCoLo湯沢」駐車場。


0番線・1番線の待合室








ほくほく線ワンマン電車のご利用について


六日町から北越急行からの普通列車が到着(You Tube動画)


0番線は北越急行直通の普通・快速電車が乗り入れ


ゆめぞらU


ヘッドマーク


天井に映し出される映像は5種類





座席は転換クロスシート


この天井に映像が映し出されます











続いて六日町から北越急行681系特急はくたか23号が到着(You Tube動画)


0番線と1番線はほくほく線直通列車ホーム


1番線は特急はくたか発着ホーム


北越急行681系2000番台の金沢方先頭車


1号車はグリーン車となっています


ほくほく線直通特急はくたかと快速列車の並び


6両編成


金沢方先頭車側面


越後湯沢方先頭車側面





越後湯沢到着後は回送列車となります


スノーラビットエクスプレスのロゴ


はくたか号編成案内


はくたか号到着時刻表
越後湯沢から金沢まではおよそ2時間半ほどの旅となります。


さらに反対側先頭車側へ向かいます





普通車の座席


越後湯沢型先頭車の側面


こちらは681系の貫通タイプ先頭車


いったん出口方面へ





上越新幹線改札口・出口は左へ、上越線は右へ


ついでに上越線ホームにも行ってみます


上越線発車案内


3番ホーム


どちらも新潟カラーの115系電車


115系の活躍ももう少しか


CoCoLo湯沢駐車場を出発
この駐車場は4時間までは無料で停められますが、4時間半停めるといきなり1260円かかりますw




NEXT
湯沢温泉街方面
越後湯沢温泉街

越後湯沢駅
越後湯沢駅 Part1(東口・新幹線ホーム)
越後湯沢駅 Part2(在来線ホーム・西口)







関越道 新潟県中越 GALLARY INDEX TOP

Ads by TOK2