カウンター

黄金華咲く

天国のお父さんごきげんよう

人生には様々な事が起こります。その人生の最も充実すべき年代には又人生ならではの軋轢に挫けそうに成る事も有ります。最近諸般の事で、我乍心乱れつつ有り多くの友人の心温まる恩情に嬉しく思う事が有りました。それと、書類の整理をして居ましたら、亡き父の遺稿が見つかりました。何者かの見えざる手に「此処にあるよ」と導かれたような念いの中、今の私と同じ頃の年代だった父が、如何に悩み苦しんでいたか新たに知る事と成りました。家族にも余り弱音を吐かない父が私への書中に吐露した事も其れ也の想いが当然有った事と思います。今の幸福な信仰生活の基盤が、父祖のどのような辛い苦闘の末に得た神縁であったかを垣間見る事が出来ます。今後の人生の信仰の参考にしたいと思います。

長男が昭和三十七年四月頃、風呂から上がって来た時家内が「右股の内側が少し腫れているんじゃないか」といいました。ちょっと判らない程度でしたが色も付かない、痛みも無い、でも変だから外科医院で診察を受けました。

五日程して大学病院から結果の通知が来たと言うので医院に行きました。

医師はしばらく時間を過してから、

「◎◎さん誠に申し難いのですがお宅の長男さんの命は三ヶ月位なんです。」

私はこの医師は何かからかっているのじゃないかと思われました。

この病気は肉腫と云う病気で、これは足首辺りに出たのなら、足の付け根からおとしても治るとは断言出来ない。

現在の医療では原因も判らない、治療法も判らない。ただ血管を伝わって病気が進むと云う誠に厄介病気です。

(現在は西洋医学でも様々な医薬、治療法が進み、完全な治療薬が出来た訳では勿論ありませんが、何の医療の手掛かりも無い時代、亡父と同じ位の年齢になった自分。父はどんなにか心細い、切ない気持ちだったろうか。)

入院中に石巻の生長の家講師桜井先生と云う、前海軍中佐の優しい立派な方が来られて話をされるのですが私(父)は仕事の事から、金の面、医療費の支払い等が頭の中をぐるぐる廻って、とてもお話を聞く気持ちになれませんでした。

息子は如何に美味しい物を食べさせても、栄養を付けさせようとしても日増しに衰弱して、欲しがるものは麻薬の注射だけでした。

昭和三十八年二月十一日、黄泉の旅に立ったのでした。二十六歳でした。

淋しい日が毎日続いて昭和四十年に妻と生長の家に入信致しました。

今にして思えば或は早く御教えを受ければ、誰より優しい素晴らしい長男を助ける事が出来たのにと思い出されるのです。

昭和四十五年頃、本部講師荒井英太郎先生の講演会が石巻でありました。

私は二度目か三度目に御目にかかった訳ですが。

その日先生は午前中に講演を終り、午後から金華山を参拝されました。

五、六人同行されました。私は行きませんでしたが、その日は小雨降りで風も強く、暴風雨状態で島まではどうやり行き参拝を済ませて船に戻りましたが船長さん方はとても無理な悪天候だから一日延ばす様に勧められたけれど荒井先生は次々とスケジュールが決まっているので半日も変更出来ない。

先生は船の安全な航海は必ず出来るからと熱心に話されて、船長方も止むなく、出航することにしました。先生は舳の方でしばらく念じて居られ、船が岸壁を離れますと、船の両側は大波が重なって、今にも転覆する様な状態でした。併し、不思議に舳の前方は船の巾だけ、箒で掃いた様に静かになって、無事女川港に一時間半で着いたそうです。

その後、丸中汽船の船長さんが初めての奇跡だと申して居りました。

昭和五十三年十一月二十三日待ちに待った長崎の生長の家総本山落慶の御祝いがありました。二度と拝観出来ない素晴らしい盛大な御祭りでした。

その時孫、家内も私と同道でしたが落慶記念発行の「真理の吟唱」桃色の布貼り立派なご本で、家内が家宝すると承して、3500円でお受けして来ました。

神棚に納め毎日拝んで居りました。

昭和五十五年の春でした。私達夫婦は二階で孫と三人で寝て居ましたが夜中の十二時半でした。パタリパタリと変な音がしました。
初めは家内が孫に布団でも掛けているのかと思いましたが、変なので「どうしたんだ」と申しますとトイレに行くのだけれど左腕に力が掛からず足も動かないと申します。
私も来たなと思い、とにかく介護しつつ家内を休ませました。
自分の心は常と違ってかえって落ち着いて、息子夫婦にも誰にも話しませんで、さて御医者さんに電話をしようかと思いましたが、真夜中に起こしたら、先生も折角やすんでいるのに可哀相だと思い止めました。
もう、神に全托して、朝七時まで「聖経甘露の法雨」と「聖経続々甘露の法雨」をあげ、日参している道場でもあげました。
神にだけ全托でした。
慌てず驚かず、静かな夜でした。
朝七時病院に電話をしました処、十時過ぎに診察を受けるました。
脳卒中と云う診断でした。十時間放置することに成りましたが、体を動かさない事で内出血を止める結果になったものと考えられます。

入院した翌朝から家内が家宝の「真理の吟唱」を入院の際、神棚からどうして降ろして持って来たのか、ベッドの中で一生懸命に黙読しているのです。
看護婦さんが来ると右手で風呂敷をかけて、知らんふりをしているのです。
ところが病人は日増しに良くなって、驚く程元気なのです。
十日位過ぎた頃、院長先生がレントゲン写真を二枚持って、
「左手の写真は奥さんでこの丸い印の所は内出血で、右手の写真は別の患者さんです。丸い印の部分は同じですが、別の患者さんは手も足も口も動かない。それなのに奥さんの方は後遺症が全然無く、一番元気なのは、どうしたんだろう。とそれから四回程も来室して話されました。」
それから神様にお礼をしたくて、私達夫婦と孫二人の四人、原宿の本部へ参り御礼と感謝のお祈りをして帰宅しました。
今は家内も益々元気で、生長の家道場での祈りと土産神社に毎朝三百段の石段を登って参拝しています。
(昭和五十五年当時の事です。)

四日前(当時)の事でした。石巻市内に御葬式があって、私の従姉妹のお婆さんが嫁が背負う女の子を指して「あれは家の三歳に成る孫ですが三歳になって這うも歩くも出来ない、口も殆ど利かないんです。」
私は
「そんなら脳性小児麻痺かな。」と申しますと
「医者に小児麻痺と診断されたんだ。困ったもんだ。」
と言いましたので私は「治したら良いんだろう。」
と申しましたら、
「どこに、医者に言われたんだから駄目なんだ。」
私は
「あんた、何で駄目と決めつけるの。駄目と皆で思ったり、言ったりするから、治るのも治らんので、谷口先生は、人間は皆神の子で、病気は無いんだと教えられて居る。無いと云う信念を持てば必ず消えて無くなるんだ。」
と申しましたら、
「そうなら、おんちゃん(おじさんの意味)治して呉」と云うので先ず、飛田給だったと思いますが、祈願を御願いし、郡山市に住んで居るのですから石巻から150キロメートルありますから、毎朝三時に起きまして、妻と二人で神想観(瞑想法)と「甘露の法雨」を上げて祈願を致しました。又誌友さん方と共に甘露の法雨の写経をして送り、子供の枕の下に敷かせました。
三カ月位で全快の通知が有り、盆に父母兄弟と共に、歩いて顔を見せに来ました。
昨年は自転車に乗っている写真を送って来ました。

知人で郡山のW氏から夜八時過ぎ電話が有りました。娘さんの寛子さん(三歳)が病名は忘れましたが、ウィルス菌が頭部に感染して四十度以上の熱の為植物人間の様に半月程も、眠り続けて居ると云うのです。
私は頭の病気だから、ご先祖様や墓地等の事で争いが無いかと申しましたら、前年本家から墓地を分けて貰う約束をしたが、墓石を運んで来てから前と話しが違って居り、ごたごたして決まらないので、面倒だから先祖のお骨をそのままにして、その上に墓を建ててしまった。その時お寺からも間違いを指摘されたそうです。彼は次の日曜日に墓地のお骨を整理させ墓を正常に立て直して法要を執り行ったそうです。
当方でも東京に祈願を依頼し、家内と共に早朝から神想観し、写経も送りました。
すると一週間にならない内に、熱が平熱になったのです。
此の病院の担当のお医者さんが病室に来て、自分の誤診のため大変心配を掛けて申し訳なかったと詫びたそうです。
それから二週間程して、私は役所の用件で、浦和〜東京と出張しました。その帰路、郡山駅前の病院に見舞いに立ち寄りました。
女の子は熱は下がったが
熱が続いた為か眠ったきりなのです。
本当に植物人間同様でした。
私はその子の右手を自分の左手に握り、甘露の法雨をあげながら「大神様此の子に御使命がありましたら此の手を通じて私の七十余年続いた健康なエネルギーを送りますから元気にさせて下さい。」と頭を撫でながら念じました。
やがて一週間で電話が来ました。
子供は全快してベッドから飛んだり跳ねたり、とても煩くなりましたと言ってました。
郡山から又小包が来ました。
手紙には生家の家には入りたかったけれども、周囲の人間関係が有り神誌、聖典等はお返ししたい、とのことでした。
私は思いました。
あの女の子が元気になって良かったと。

地元の某信用金庫支店長のAさんは五年程前、慢性肝炎で仙台に出張しても翌日は必ず病気のため会社を休むのでした。
私は何度か生長の家の錬成道場で十日間受けると全快するんだがなと話しました。或る時支店長さんは本店の上役の方に錬成に行くことを話しましたら上役は「貴方三年も四年も職場を休んで入院しているが、今度休んだら退職して貰う。」と話されました。
彼は家に帰って奥さんと相談しました。
此の夫婦には老父母に子供二人が居るので、六人家族ですから退職金を貰ってもすぐに経済的な問題が予想されます。
年末が近かったので結局正月二日、仙台から夜行寝台車に私が同行。
河口湖の新春錬成会に参加する事になったのでした。河口湖錬成道場に到着しましたら錬成参加者は約八百名程でした。
御講話を拝聴しまして夕刻の連絡では、希望者は明朝四時半に富士山の浅間神社参拝の予定でした。
参加者は二百名程でした。翌朝バス五台に分乗、未明の暗い路をバスは走りました。
浅間神社は武田信玄公が建立された本殿は国宝であります。
真冬の早朝、富士の裾野の社殿には暖房類は有りません。
板張りの床に薄い「ござ」が敷いてあるだけで寒いのなんの、一時間余り合掌すると指先はびりびり痛いものでした。
終了後は道場へ帰り祈り合いの神想観を行いました。錬成会を終えて石巻に帰りましたが支店長さんのお宅では定めし、本人が死人の様な姿で帰るのではないかと心配したそうですが、
「只今。」と元気な声で玄関に入ったのでびっくりしたそうです。
それから現在まで一日も休まず元気に勤めています。

前半の文中に出ていらっしゃる桜井先生と仰る講師は詳しい事は存じませんが、旧軍人さんで非常にお優しい方でした。坂道を自転車で下る時は自転車が可哀想なので、いつも下りは降りて手で押して下りました。軍隊生活の時は南方の島に駐屯為され、百人位の兵隊さんを従えて居られたのでしょうか。その島は海抜が低い島だったそうです。駐屯して居る小屋で毎日、神想観や、聖経甘露の法雨を毎日お読みになっていらっしゃったそうです。或日大洪水が有り、海抜の低い島の駐屯して居る小屋を波が一飲みにしたそうです。夢中で甘露の法雨を読んでいましたら、自分の部屋だけは残り、残りの部屋は全部水に流されて居たそうです。(人伝に聞いたお話ですが。)三度程お目にかかった事があります。

Ads by TOK2