アクセスカウンター

黄金華咲く

母と子のみずみずしい関係

わすれないよ おかあさん

新刊「生命の實相」↑クリック

最近、紙のように薄く成ったと云われる母子の人情。巷では家庭内暴力とか、児童虐待とマスコミが悪戯に騒ぎ立てますが、果たして日本人社会の親子の絆が其れ程哀しい事に成ったのでしょうか。しかし、昔はそんな時でも母は子どもの楯と成り、わが子を守ったと聞きます。問題は母親ばかりでは無く、心が育ち切らない父親にも大きな問題があります。

全て言える事は現代の年頃の親たちの多くが、「愛された」実感が少なく、戦後教育で育った更に親達(祖父母世代)の家庭環境に既に親子間の軋轢が存在したと云う事かも知れません。つまり専門家に言わせると「負の連鎖」と云う事らしいです。問題の解決は常識的には行政、専門家に一任する事ですが、そんな事を待って居る訳には参りません。急を要する場合も多いでしょう。確実な事は心の世界を解決する事しか無いと思われます。其れは「本当の自分」を知る事です。人間は神の子であり、本当の世界(実相)では全ての人(父母兄弟)に、神様に愛されて居るのだと云う事を心底知る事です。その愛の実感こそ人生を深く、明るく究める方法です。(参考に「生命の實相をお勧めいたします。」)

「ゼロ」

「巷説牛若苦労話」

「卓上のピアニスト」

「コリントスの星」

「木曽路茫洋」

「はるかぜのたより」

「アグネスからテレサの愛」

「頼みの綱」

「寄らば大樹」

「巨人の魂」

「栗駒おろしの夜」

「紫陽花は私だ」

「○」

「○○○○」

「○○○○」

Ads by TOK2