カウンター

イマージュツアー21

グレートリバー物語り7

黄金華咲く

 グレートリバー、それは偉大なる大河。人間は三千年の歴史の中で、釈迦、耶蘇、マホメッドと、その他多くの霊的指導者、聖人を排出して来ました。その起源は一つの見えざる大いなる源泉で有る事は、疑い様の無いものであります。多くの支流、本流を伝えて、軈ては大河は、大海原に一つに注がれるものであります。生長の家は、開祖の谷口雅春尊師の、求道の末の「今起て!」の霊的な言葉に始りました。いま人類は多難な時代を目前にしています。世界的な経済難、災害、疫病、紛争。国際的救済機関が幾つ出来ても、人々の心が変らなければ、この難局は越えられないと云うもの。今こそ、あらゆる人々が万教帰一の元に人間愛で、救うべき大河となって、進もうではありませんか。

リアールマン

人間はこの世に生を受け、生老病死(四苦)を機に様々な流転を通して現象界の課題をクリアする。それを手掛かりにして人生の何たるかを身をもって拾得するらしい。しかして多くの人間は、肉体をもって自己自身とし、肉体に内奥する見えざる自己(リアールマン)の存在を知らない。
人間は肉体生命を授かる事により、この地球環境に適応しているが、その本来の実質は肉体に非らず、目には見えない霊的存在である。その實相(実のすがた)が神の子であります。コアである。実質(實相体)と肉体の間には幽体、霊体があり、その各々を繋ぎあわせて居るのがエーテル体(現在の科学では認められては居ないらしいが、其れに値する役割を為す、何かしらは存在する訳です。)が有る。霊的実験中にはエクトプラズム(霊的半物質またはのエネルギー状態)が人体から離脱して見られる事も有ると言う。

人間とは何か。を知る為には霊的実在の存在をも知る必要は有るのかも知れない。但し、上述した、幽体も霊体も、エーテル体も、エクトプラズムも、我々の実質(本体)では無い事は留意されたい。
詳しくは生命の實相九巻、十巻の霊界篇を熟読されたい。
此処で霊界に興味を持つ事は結構でございますが、我々の修行の場は霊界に非らずで、無闇に素人考えで、霊界の研究やら、実験を試みる事は極めて危険至極ですので、生命の實相を購読するに留める事が最良と存じます。


best Book 9

7

8

9

4

5

6

1

2

3

○世界平和の祈り

此のページは只今制作中です。

板橋相愛会謹製

Ads by TOK2