カウンター

イマージュツアー21

グレートリバー物語り60

黄金華咲く

 グレートリバー、それは偉大なる大河。人間は三千年の歴史の中で、釈迦、耶蘇、マホメッドと、その他多くの霊的指導者、聖人を排出して来ました。その起源は一つの見えざる大いなる源泉で有る事は、疑い様の無いものであります。多くの支流、本流を伝えて、軈ては大河は、大海原に一つに注がれるものであります。生長の家は、開祖の谷口雅春尊師の、求道の末の「今起て!」の霊的な言葉に始りました。いま人類は多難な時代を目前にしています。世界的な経済難、災害、疫病、紛争。国際的救済機関が幾つ出来ても、人々の心が変らなければ、この難局は越えられないと云うもの。今こそ、あらゆる人々が万教帰一の元に人間愛で、救うべき大河となって、進もうではありませんか。

《即菩提》

完全な神の分身であるあなたが何故迷うかと、あなたは問うであろう。「迷いは何処から来たのか」というのは仏教でも重大な設問になっている。「迷い本来なし」と一刀両断に断ち切る解答は従来からある。それでも「では、その本来無き迷いが、どうして恰もあるかの如くあらわれて来るのか」という最後の問いに「わたし」は答えることにする。

あなたは仏教の「煩悩即菩提」という言葉をたびたび聴いたこともあるし、読んだこともあるであろう。
「迷い」がそのまま「菩提」の道程であるということである。
「迷い」という「菩提とは別なもの」があるのでほないのである。

「迷い」と見えているものが、実は「悟りが動き出し、現象化しつつある道程であるから、「迷い」本来無しといい得るのである。(神真理を告げ給うより抜粋)


一時代を築かれた、小説家の、吉川英治氏の高著「宮本武蔵」では青年武蔵の並外れた闘争心、武道家としての技量、純粋な求道心。現実社会との葛藤が織り成されて居ます。
人生は、不条理な葛藤、理不尽な事に溢れて居る様にも見えますが、もしかしたらパラダイスなのかも…

人生で不満ばかり云っている事もありますが、本当に人生はつまらない事ばかりでしょうか、辛い苦しい事も有りますが、その奥の奥のまた奥には、神または御佛の慈悲の世界が実在したのでは。

勿論現実の困難や不正を正す事は大事です。

もっと別次元の話です。

best Book 9

7

8

9

4

5

6

1

2

3

○世界平和の祈り

此のページは只今制作中です。

板橋相愛会謹製

s
Ads by TOK2