カウンター

イマージュツアー21

グレートリバー物語り57

黄金華咲く

 グレートリバー、それは偉大なる大河。人間は三千年の歴史の中で、釈迦、耶蘇、マホメッドと、その他多くの霊的指導者、聖人を排出して来ました。その起源は一つの見えざる大いなる源泉で有る事は、疑い様の無いものであります。多くの支流、本流を伝えて、軈ては大河は、大海原に一つに注がれるものであります。生長の家は、開祖の谷口雅春尊師の、求道の末の「今起て!」の霊的な言葉に始りました。いま人類は多難な時代を目前にしています。世界的な経済難、災害、疫病、紛争。国際的救済機関が幾つ出来ても、人々の心が変らなければ、この難局は越えられないと云うもの。今こそ、あらゆる人々が万教帰一の元に人間愛で、救うべき大河となって、進もうではありませんか。

《第一のものを第一と為す》

真理とは何で有りましょうか。
生長の家の祖師谷口雅春先生は、
「真理は一つ、人間は神の子で有る。」
とお教え下さいました。
是が真理です。
日時計主義も、環境問題も、真理では有りません。
大事な事ではありますが、あくまでも手段に過ぎないので有ります。
キリストのみ教えは、誰に天下ったか。
それはご存知の様に、イエスに天下りました。
仏教のみ教えは、誰に天下ったか。
それは釈迦尊者にで有ります。
天下るべくして天下った。
だから尊く、全ての信徒が、永くイエスの言葉を求め、釈迦の言葉を慕いました。
時代により説き方が変わるものは真理とは言えないと言う事。
中学生でも理解出来る事であります。
信仰でも、芸術の世界でも、師弟の関係は誰が決めるかと言えば、弟子が決めるものである事は洋の東西みな同様であります。
有名な慧可禅師は、高徳の達磨大師に就く為片腕を切り落としました。髪の毛を切り落とすのとは訳が違うのです。
法灯継承等は信徒には関係無い事。
当事者の自覚が大切な問題なのであります。ご自由に継承下さいませ。

コンパスは軸足が中心を外れると、きれいな円は出来なく、いびつな物になります。信仰も中心軸がずれると、様々な弊害が、個人にも社会にも悪影響を及ぼします。ではどうすれば宜しいか。それは、信仰の軸足を真理にあわせる。二義的な物に囚われない。自然に環境は整って参ります。世界平和運動の前に、祖師の描いた様に、「世界平和の祈り」を徹底すべきであると思います。

best Book 9

7

8

9

4

5

6

1

2

3

○世界平和の祈り

此のページは只今制作中です。

板橋相愛会謹製

s
Ads by TOK2