カウンター

イマージュツアー21

グレートリバー物語り52

黄金華咲く

 グレートリバー、それは偉大なる大河。人間は三千年の歴史の中で、釈迦、耶蘇、マホメッドと、その他多くの霊的指導者、聖人を排出して来ました。その起源は一つの見えざる大いなる源泉で有る事は、疑い様の無いものであります。多くの支流、本流を伝えて、軈ては大河は、大海原に一つに注がれるものであります。生長の家は、開祖の谷口雅春尊師の、求道の末の「今起て!」の霊的な言葉に始りました。いま人類は多難な時代を目前にしています。世界的な経済難、災害、疫病、紛争。国際的救済機関が幾つ出来ても、人々の心が変らなければ、この難局は越えられないと云うもの。今こそ、あらゆる人々が万教帰一の元に人間愛で、救うべき大河となって、進もうではありませんか。

《右脳、左脳》

唯物思想とは、あらゆる現象を物質有り、
と物質に捕われた考え方であります。
昨今、巷では物事の思考の一つとして、
右脳、左脳所謂、脳機能局在論と云うものが
一人歩きして居る感が有ります。
機を良しとインターネットの辞書機能サイトで
その「脳機能局在論」を検索して見ました。

脳機能局在論の「はしり」とされるのは、
ガルの骨相学という説である。
この説は、脳の特定の部位が特定の機能を担い、
その機能が発達するとその部位が肥大して
頭蓋骨のふくらみとなって現れるとする説である。
19世紀初頭に流行したものの、
学説はガルの思いつきや思い込みによるところが大きく、
科学的根拠を見出すことができなかったため
この説自体は否定された。
1990年代以降は、
医学界では脳の形態的MRIが実用化される一方、
非侵襲的に脳の血流を観測するなどの方法により、
脳の活動をリアルタイムに調べる
脳機能イメージングの手法が発達した。
この技術により、
脳に損傷の無い健常者での脳機能測定が
できるようになり、
脳機能局在論は精緻化・複雑化が進行している。
ただし、機能的MRIや機能的PETなどの方法では
時空間的解像度が低く神経細胞の活動や
接続を調べるにはあまりにも不十分である。
データの解釈でも精神物理学の後追いの領域を出ず、
独自のドグマを生み出すには至っていない。
また、個人間での再現性やデータの解釈でも
疑問が出されている。
このことから、実際の医学的治療に役立ち、
現代の科学的知見に基づいた測定法であるものの、
科学的理論としては骨相学から大きな飛躍は無い
という批判も存在する[1]。

Wikipedia(ウィキペディア引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E6%A9%9F%E8%83%BD%E5%B1%80%E5%9C%A8%E8%AB%96

此れは今だ科学的理論としては未成熟という批判も
存在する一つの理論に過ぎないと云う事で有ります。
(血液型占いと大差無いのでは?)
しかも、この「脳機能局在論」という理論は
人間の脳髄有っての理論で、
人間にはもっと
深層の潜在意識の世界と云うものも有ります。
霊的実在世界から来るインスピレーション
(科学的では無いかも知れませんが)
とは格段の奥深さが違うと思われます。
「脳機能局在論」は脳髄無くしては
有り得ないので唯物論の枠を
抜け切れない次元では無いでしょうか。
事故等で、脳髄の一部を欠損した患者が欠損部分を
感じられない奇跡を現わした情報も以外と多い様です。

best Book 9

7

8

9

4

5

6

1

2

3

○世界平和の祈り

此のページは只今制作中です。

板橋相愛会謹製

s
Ads by TOK2