カウンター

イマージュツアー21

グレートリバー物語り50

黄金華咲く

 グレートリバー、それは偉大なる大河。人間は三千年の歴史の中で、釈迦、耶蘇、マホメッドと、その他多くの霊的指導者、聖人を排出して来ました。その起源は一つの見えざる大いなる源泉で有る事は、疑い様の無いものであります。多くの支流、本流を伝えて、軈ては大河は、大海原に一つに注がれるものであります。生長の家は、開祖の谷口雅春尊師の、求道の末の「今起て!」の霊的な言葉に始りました。いま人類は多難な時代を目前にしています。世界的な経済難、災害、疫病、紛争。国際的救済機関が幾つ出来ても、人々の心が変らなければ、この難局は越えられないと云うもの。今こそ、あらゆる人々が万教帰一の元に人間愛で、救うべき大河となって、進もうではありませんか。

《至嘱!》

ああ真に國を愛し國論を統一する
偉大なる政治家は出でざるか。
やがて諸君の中からでるであろう。
この舞踏病的症状(ぶとうびょうてきしょうじょう)で
日本が永くつづけば、
日本は國際的信用を失墜し、
國威は地に墜ち、
どこかの植民地か属国か衛星國かに成るより
致し方ないのである。
(略)
併し私はまだ失望しない。それは何故か。
この書(日本を築くもの/谷口雅春先生ご著作)の
読者の如き愛國の純粋精神と、
國を建て直さんとする高邁な理想と、
その理想に燃える毅然たる決意とによって
推進されている青少年諸君が、
この書の読者である大学生、高校生、
中学生諸君の中にいることを知るからである。
實に、この日本の國運の隆昌は、
唯この若き勇気ある愛國精神ある
諸君の双肩にかかってあるのである。

至嘱!(大いに嘱望しうること。)

今日本は時代の狭間、経済の狭間で呻吟している。
そんな中、詰まらぬ日本ブームに沸き返り、
自分を忘れる去って居る日本人も多い。
本当の日本の良さを知らない事は残念で有ります。
戦後間もない日本も、
今も差ほど日本は変わって居ないのではないでしょうか。

best Book 9

7

8

9

4

5

6

1

2

3

○世界平和の祈り

此のページは只今制作中です。

板橋相愛会謹製

s
Ads by TOK2