弥富menuへ

    



金魚と文鳥の町弥富町
町章 町の花 金魚草 町の木 桜
「町章」  昭和41年3月31日町村合併10周年、庁舎新築を記念して 制定。水平は平和を、円形は町政の円満を、水平を突き抜ける 山型は発展を、左右同型は合併町村の円満な発展を表現


水郷の塔
Sorry, your browser doesn't supportJava(tm).
平成6年、弥富町の新しいシンボルとして「水郷の塔」
が誕生しました。
その姿は、高さ14m、吹き上げる水をイメージした
美しいフォルムが、未来に向かって勢い良く伸びていく
弥富町の姿を象徴しています。
木曽川を望むタワーの展望台からは、西に鈴鹿山系の
雄大な眺めが広がり、訪れる人の憩いの場として親しま
れています。










愛知県海部郡弥富町

富町は濃尾平野の南西端に位置し、木曽川下流に開拓された水郷地帯であり町域のほとんどが海抜ゼロメートルで西から南東へ5000分の1の緩やかな傾斜をもった低地帯である。
東西約4km、南北約15km、面積は約35平方キロである。

町の人口 (平成13年12月1日現在)
18.713人 前月比+24
18,651人      +18
37,364人      +42
世帯数 12,184

弥富 町名の由来
明治22年、町村製施行により鯏浦外七カ村が改まり、弥富村が誕生した。村名には、鯏浦、鎌倉、車新田、平島、前ヶ須、五明、小島、中山の八カ村を表した。「八島」が選ばれたが、いよいよ富栄える意味から「弥富村」となった。 明治36年には、海西郡内で最初に町制を施行。その後、昭和30年には南部の鍋田村や東部の市江村の一部と合併し、現在の町の姿になった。 2年後の2003年には、「弥富町」誕生から100年を迎える。

水の歴史が弥富の歴史
弥富町はまさに水郷の街。海抜ゼロメートルの低湿地帯のため、現在の発展に至る道筋には、並々ならぬ先人達の干拓のれきしと水との戦いがありました。なかでも、昭和34年の伊勢湾台風での被害は甚大で、海岸堤防と河川の堤防は30ヶ所にわたって決壊し、弥富町のほぼ全域が水没しました。 弥富町だけでも死者・行方不明者322人、全壊・流出戸数771戸という被害で自然の猛威は尊い人命のみならず、住民の貴重な財産をもおばいました。 その後も決壊した堤防が完全に復旧するまで、4ヶ月以上の月日を要し、何年かにわたって不自由なせいかつを余儀なくされたのです。                                                      

もう二度と悲しい思いは繰り返さないという誓い
災害は繰り返さないという願いを込め、水郷の塔に隣接して【伊勢湾台風災害復旧記念碑】が、そして鍋田干拓の近くには、犠牲者の供養のため「伊勢湾台風殉難の塔」が建てられています。現在の発展の影に、先人達の苦難の歴史が眠っているということを、私達は忘れてはなりません。

日本一を誇る文鳥
弥富町は、
文鳥生産量日本一のまち、みなさん、ご存知だったでしょうか。
特に「純白の貴婦人」と呼ばれる白文鳥は、発祥もこの弥富町なのです。もともと文鳥はマレー半島インドネシア方面を原産地とする野鳥です。江戸時代に日本に入り、武家屋敷などで飼われていました。弥富町に入ってきたのは、元冶元年(1864)尾張藩の武家屋敷に女中奉公していた女性がこの町へ嫁入りした際、奉公先の土産として持参した桜文鳥がはじまりです。周辺の農家の副業として広がり、明治の初め突然変異で白文鳥が誕生。生産者の苦心の改良の結果、日本随一の白文鳥の産地として発展した。



生産量日本一を誇る弥富金魚
 弥富町の特産品といえば「金魚」である。生産地としてだけではなく、流通拠点としても我が国有数の市場となっており、日本にいる金魚の全品種である約25種類すべてが弥富町でそろいます。
弥富の金魚の始まりは、130年まえにさかのぼります。ある郡山の金魚商人が熱田(名古屋市)の宿をめざす道中、前ヶ須(弥富町)の宿場町で金魚を休ませる池を作って放したところ、その愛らしい姿に魅せられた寺子屋の権十朗がぜひにとこれを購入し、飼育を始めたのが始まりとなり、明治入り、佐藤宗三郎によって採卵・孵化が成功、本格的な養殖が始まる。

なぜ弥富町が金魚日本一になったのか、それはこの地が木曽川下流の水郷地帯で、水量・土質とも金魚養殖に最適だったから、そしてそれ以上に、生産者の気概と誇りがそうさせたといっても過言ではありません。 



弥富金魚 宇宙を旅する
 平成4年、日本人初の宇宙飛行士毛利衛さんとともに、弥富町の鯉がスペースシャトルに乗り込み、つづいて平成6年には、弥富の金魚が向井千秋さんとともに宇宙へ旅立ちました。人間と金魚は耳の構造がよく似ているため、宇宙酔いの謎を解く重要な実験に選ばれたのです。「弥富金魚」の名前は今、世界に羽ばたいています。  




                        「弥富町町勢要覧」より




             弥富menuへ  ご意見・ご感想はこちらへ

Ads by TOK2